1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.4.15

Bohemian Switzerland (The Czech Republic)チェコ・ボヘミアン・スイス国立公園

このページを印刷する

18世紀に、スイスの芸術家のエイドリアン・ジングさんとアントン・グラフさんは、山々を楽しむためにボヘミアにやってきた。彼らは夢中になり、特にドイツにまで広がるエルベ砂岩山地に魅了された。その景色は彼らの故郷を思い起こさせた。彼らはここを「ボヘミアン・スイス」と呼び始めた。

この名は定着し、2000年、ボヘミアがチェコ共和国の一部になったずっと後に、エルベ砂岩山地の大部分がボヘミアン・スイス国立公園になった。この公園は、圧倒される野生美の地域だ。砂岩の塔が、節くれだった指のように地面から突き出ている。その下と周辺には、深い緑の森が公園を覆っている。

最もよく知られている見どころはプラフチツカー・ブラーナだ。ヨーロッパ最大の砂岩でできた天然橋で、目を見張る光景だ。幅は8メートル、高さは16メートルある。19世紀に、王子がこのアーチのそばにホテル「Falcon’s Nest」を建てた。もう部屋を予約することはできないが、歩いて30分登るとアーチからの眺めを見ることができ、ホテルのレストランでビールと食事を楽しむことができる。悲しいことに、アーチを登ることはできない。過去にあまりにも多くの観光客が歩いたために、砂岩が摩耗したことがあった。

多くの人が知らずにいることは、プラフチツカー・ブラーナだけがこのエリアのアーチではないということだ。これよりも小さなマラ・プラフチツカー・ブラーナは近くの森の中に隠れている。高さは2.3メートルしかないが、いくつかのはしごの助けを借りて登ることができる。

別のルートを通り、ずっと下にある見事な渓谷を眺め、川に沿ってボート乗船を楽しもう。紅葉は素晴らしく、ちょっとした驚き―エドマンド渓谷の横にある小さな家のように―が旅行する価値をもたらしている。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み