1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.7.20

N Korea calls US nuclear demands ‘robber-like’北朝鮮、米国の態度は「強盗のよう」と批判

このページを印刷する

北朝鮮は7月7日、マイク・ポンペオ国務長官が率いたアメリカの使節団との高官レベルの協議は「遺憾」なものだったと述べ、アメリカ政府が一方的に北朝鮮に核兵器を放棄するように圧力をかけようとしていると非難した。

北朝鮮によるこの発表は、ポンペオ国務長官が北朝鮮の高官との2日間にわたる協議を終えた数時間後に出された。

アメリカ側は、北朝鮮に対して、完全に、検証可能な形で、不可逆的に非核化するように「一方的に強盗のような」要求をしたと、この発表は伝えている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み