1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.17

Venezuela rounds up 6 suspects after failed drone attack targeting Maduroベネズエラ大統領暗殺未遂で6人逮捕

このページを印刷する

当局は爆薬を積んだドローンを使ってベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領の暗殺未遂に関与した疑いで6人を拘束したと8月5日、政府職員が述べた。

政府は反政府勢力がマイアミとボゴタにいる襲撃者と共謀したとしているが、具体的な証拠は示さなかった。野党指導者たちはマドゥロ大統領が政治的な反対者を広くやり玉に挙げたと批判し、批判者を抑える口実として(この事件を)さらに利用するかもしれないと警告した。

襲撃者たちは8月4日、カラカスで開かれた国家警備隊の第81回創設記念式典でマドゥロ大統領の演説中に、プラスチックの爆薬を積んだドローン2機を大統領と夫人、そのほかの高官たちに向けて飛ばしたと、ネストル・レベロル内相は述べた。

しかし、軍はドローン1機を電子技術を使って操作して軌道を外れさせ、もう1機はマドゥロ大統領が軍隊に演説している場所から2ブロック離れたアパートに墜落したとレベロル内相は述べた。

アパートにいた目撃者の一人はドローンがぶつかった際には建物が揺れたと話し、「怖かった」と付け加えた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み