1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Chile’s Bachelet to be UN human rights headチリ前バチェレ大統領、国連人権高等弁務官に

このページを印刷する

チリのミチェル・バチェレ前大統領は8月10日、次期国連人権高等弁務官として拍手喝采を受けて承認された。

バチェレ前大統領が承認されると、国連加盟国193カ国の外交官から拍手喝采が沸き起こった。

チリの指導者となった初の女性であるバチェレ前大統領は、チリの独裁者アウグスト・ピノチェト氏の秘密警察による2週間にわたる拷問を母とともに生き延びた医師だ。父は拷問で死亡した。

バチェレ前大統領はツイッターで、国連人権高等弁務官となったことを「深く恐縮し、光栄に思う」と述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み