1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.8.24

Suspected airplane thief was bakery owner旅客機を無断で操縦した男の身元、明らかに

このページを印刷する

シアトルの空港で誰も乗っていない飛行機を盗んで飛行し、最終的に死亡した航空会社職員は、かつて妻とパン屋を経営し、世界を旅できる仕事からの恩恵を受けていたと、ソーシャルメディアへの投稿が明らかにした。

彼の名は当局から公式には発表されていないが、彼の家族が身元をリチャード・ラッセルさん(29)であると報告した。

当局は、彼がシアトルタコマ国際空港から8月10日に誰も乗っていない飛行機を持ち出し、約1時間飛行した後、ピュージェット湾に墜落したと述べた。警察は、彼に自殺願望があったと思われると述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み