1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.7

Europe sees sharp rise in measles as 37 dieはしかが欧州で大流行

このページを印刷する

世界保健機関(WHO)は、ヨーロッパではしかの発生件数が2018年の前半6カ月中に急増し、最低でも37人が死亡したと発表した。
WHOのヨーロッパ地域事務局は8月20日、41,000件以上のはしかの発症例が今年前半に報告された―これまでの10年間のどの12カ月間よりも多い―と述べた。
これまでに最も多かった年間の合計発症件数は2017年の23、927件だった。その前年には、わずか5,273件しか報告されなかった。発症件数の半数以上がウクライナで起こっており、ウクライナはロシアが支援する反政府勢力と戦っている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み