1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.7

Baby born in Indonesia named ‘Asian Games’新生児の名に「アジア大会」

このページを印刷する

アジア大会を共同開催した都市で、同大会がインドネシアで開幕した日に生まれた新生児が、「アジア大会」と名付けられたと、8月20日に地元メディアが報じた。
新聞『コンパス』紙によると、「どんなスポーツでも彼女がやりたいものを選ばせるつもりです。それで、いつか素晴らしい選手になるかもしれません」と、その新生児の父親のヨルダニア・デニーさん(38)は南スマトラ島のパレンバンで語ったという。
生まれた女児は、全体の名前としてアディダ・アジアン・ゲームズと名付けられ、8月18日にジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムで開会式が行なわれるちょうど数時間前に生まれた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み