1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.9.21

30,000 displaced in Syria attack on Idlib: UNシリアで3万人避難、今世紀最悪

このページを印刷する

シリア政府と連合軍が9月4日に空爆と陸上での爆撃を再開して以来、シリア北西部で3万人以上が自宅から逃れたと、国連職員が9月10日に発表した。

ロシアとイランが支援する政府は、反乱軍からイドリブとシリア北西部の地域を奪還するため、大規模な襲撃を準備している。この地域は、活発な反政府勢力の最後の主要な拠点となっている。国連は、このような襲撃は21世紀最悪の人道的惨事を引き起こしかねないと述べている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み