1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.12

Opinions split on US high court nomineeカバノー氏の女性暴行疑惑、世論割れる

このページを印刷する

ロイター/イプソスによる世論調査によると、アメリカの最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏に対する性的暴行疑惑について、アメリカ人の10人に4人が事実である、10人に3人は事実ではない、残りはわからないと思っているという。この世論調査は、党によって大きく分かれた。

9月30日に発表されたこの世論調査は、3人の女性がカバノー氏に対して疑惑を申し立て、カバノー氏に一度出された確かな承認が危うくなった感情的な1週間を経て実施されたものである。申し立ての中には、1980年代にあった性的暴行の訴えと公共の場で身体を露出したという訴えが含まれる。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み