1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.10.19

Far-rightist favored in Brazil president runoffブラジル大統領選挙、極右と左派で決選投票へ

このページを印刷する

極右の下院議員で元軍人のジャイル・ボルソナロ氏は10月7日、ブラジル大統領選挙の1回目の投票で半数近くを得票し、汚職に対する有権者の怒りがラテンアメリカ最大の国で大規模な右傾化を引き起こしている。
大きく二極化すると思われる決選投票において、ブラジルの1964年から1985年にかけての軍事独裁を堂々と擁護し、「南国のトランプ」と呼ばれるボルソナロ氏は、左派のフェルナンド・アダジ元サンパウロ市長と10月28日の2回目となる投票で対決する。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み