1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.11.2

Pittsburgh gunman wanted to kill Jews: policeピッツバーグのシナゴーグで銃撃事件

このページを印刷する

10月28日に公開された起訴状によると、ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)での無差別銃撃事件の容疑者は、事件の後、警察官らに、ユダヤ人は大虐殺を犯し、ユダヤ人全員に死んでもらいたいと語ったという。

その前日、ロバート・グレゴリー・バウアーズ容疑者は、「ツリー・オブ・ライフ」で礼拝中に男性8人と女性3人を殺害し、警察に逮捕された。

起訴状の1つによると、「ただユダヤ人を殺したかった」とバウアーズ容疑者は警察官に話したという。彼はユダヤ人が「自分と同じ民族を大量虐殺した」と述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み