1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.7

Ukraine votes for martial law after Russia spatウクライナ、ロシアによる艦船銃撃で戒厳令

このページを印刷する

ウクライナとロシアの海軍が係争関係にあるクリミア半島で衝突した後、ウクライナ議会は11月26日、ロシアからの「攻撃の高まり」と同国の大統領が呼ぶものと戦うため、国内で戒厳令を敷くことを可決した。

ロシアの沿岸警備艇が11月25日、黒海でウクライナ海軍の船舶に発砲し、6人のウクライナ海兵隊が負傷し、この船と乗組員を拿捕した。

欧米の指導者らと外交官らは両者に対し、この衝突を鎮めるように促しており、アメリカはロシアを、アメリカが「不法行為」と呼ぶものについて非難した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み