1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.1.4

Saudi dissident killed in consulate in Turkeyサウジのジャーナリストが殺害される

このページを印刷する

アメリカとトルコに住んでいたサウジアラビアの反体制派で記者のジャマル・カショギ氏は、10月2日にイスタンブールのサウジアラビア総領事館に入った後で殺害された。
トルコ政府は、サウジアラビアの領事館職員がカショギ氏を暗殺したと訴えている。サウジアラビア政府は、カショギ氏の死をめぐる一連の矛盾した話を認める前、当初はこれを否定した。
世界の首脳らは、さらに多くの情報を求めた。しかし、アメリカのドナルド・トランプ大統領は、この殺害がサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子によって命じられたというアメリカCIAの見解を支持しなかった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み