1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2018.12.21

Macron acknowledges role in fueling angerマクロン仏大統領、テレビ演説で責任認める

このページを印刷する

4週間近く、ときには暴力的な抗議活動がフランス各地で起こった後、エマニュエル・マクロン大統領は12月10日、全国に向けてテレビ演説を行ない、落ち着くように頼んだ。

短い演説で、マクロン大統領は、苦しんでいる労働者と年金生活者への広範囲にわたる減税を約束し、抗議者の怒りを高めている自身の責任を認めた。

「私の言葉で人々を傷つけてしまったかもしれない」とマクロン大統領は語った。多くの人々がマクロン大統領のことを疎いと糾弾している。しかし、多くの抗議者の主な要求である辞任は申し出なかった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み