1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.2.22

Chanting ‘Death to America,’ Iranians mark anniversary of ‘victory day’ in 1979 revolutionイラン革命から40年で式典、反米姿勢鮮明に

このページを印刷する

イランの国旗を振り、「米国に死を」と繰り返して米国旗とイスラエル国旗を燃やし、数十万人が2月11日、イラン各地で街に繰り出し、同国の1979年のイスラム革命で勝利の日とされる日を記念した。

同年2月11日、イラン軍は街中で何日も戦闘が続いた後、解隊し、革命家たちが国を占拠した。米国を後ろ盾とするシャー・モハンマド・レザー・パフラヴィーの政権は退陣し、イスラム共和国が誕生した。

テヘランには、遠く離れた地域から同首都の中心にあるアザディ(自由)広場に群衆が流れ込み、イランの旗を振って「米国に死を」と繰り返した。イラン各地で行なわれるデモでこのようなスローガンは定番である。

「イスラエルに死を」「英国に死を」という叫び声が続き、デモ参加者は米国とイスラエルの国旗を燃やした。イランの国営テレビ局は数百万人が式典に参加したと述べ、暴動の時代の映像や革命の曲を流した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み