1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.15

Kashmir sees first lull since latest escalation of tensions between India, Pakistanカシミールめぐり緊張くすぶるインド・パキスタン

このページを印刷する

分断されたカシミール地方で衝突が起きている境界線付近の住民は3月3日、前の夜間は静かだったと述べた。数日前にパキスタンとインド間で争いが深刻化し、2つの対立する核保有国が戦争寸前となって以来初めての静けさだった。

多くの村民は、カシミールのパキスタン支配地域におけるこの落ち着きの間に、いわゆる「停戦ライン」、つまり問題を抱えたヒマラヤ地域をインド側とパキスタン側に分割する境界線沿いの、チャコティの自宅を離れて安全な地域へと移動した。

インドが2月26日にパキスタン国内を空爆して緊張が一気に高まって以降、少なくとも市民8人と兵士2人がカシミールのパキスタン支配地域で死亡している。インドは、この爆撃は2月14日にカシミールのインド支配地域で起きた、インド人軍隊40人以上を死亡させた自爆テロの背後にいる過激派を狙ったものだと述べた。

パキスタンは2月27日に報復として戦闘機を撃墜しパイロットを拘束したが、3月1日にインドへ解放した。その見返りに、インドは刑務所内で暴行を受け死亡したパキスタン人捕虜の遺体を3月2日に引き渡した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み