1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.22

Boeing 737 Max jets under scrutiny after second fatal crash in five monthsボーイング社の旅客機、半年足らずで2度の墜落事故

このページを印刷する

世界各国の航空会社は、ボーイング737 MAX8と9のジェット旅客機による5ヵ月間で2度目となる壊滅的な墜落の後、同機を運航停止にした。今回の墜落はエチオピアで起きた。しかし、ボーイング社はその人気の第4世代機の運航を停止する理由はないと述べた。

エチオピアが、3月10日の離陸直後に晴天の中で墜落したエチオピア航空機の犠牲者157人を追悼する中、捜査当局は737 MAX8のフライトレコーダー2つをその東アフリカの国(エチオピアのこと)の首都アディスアベバ郊外の墜落現場で発見した。

その墜落は昨年インドネシアの海に墜落し、189人が死亡したライオン航空のジェット機 — 同じくMAX8 — の墜落と似ていた。墜落事故によってMAX機に関する新たな疑問が出てくるだろう。同機はエチオピア、中国、インドネシアなどの航空会社が運航停止にした。

ケニアは他のどの国よりも多い32人を亡くした。カナダ、エチオピア、米国、中国、イタリア、フランス、英国、エジプト、ドイツ、インド、スロバキアはそれぞれ4人以上の国民を失った。国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、この墜落で少なくとも21人の国連職員が死亡したと述べた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み