1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.3.29

1st ‘not guilty’ plea in US admissions scam米大学不正入試、最初の「無実主張」

このページを印刷する

アメリカの大学エリート界が不正入学スキャンダルで混乱するなか、不正をめぐって起訴された33人の親のうちの1人が無罪を主張した最初の人となった。

一時的に追放されているアドバンテージ・リチウム社の最高経営責任者デヴィッド・シドー氏は3月15日、ボストン連邦裁判所で無罪を主張した。検察側は、シドー氏は2人の息子の代わりに共通テストを受けらる人を20万ドル(2230万円)を支払って手配させたと主張している。

この不正問題は、イエール大学、ジョージタウン大学、スタンフォード大学といったエリート校を巻き込んだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み