1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.4.5

Struggle for power after elections in Thailandタイ総選挙、親軍政党とタクシン派政党がきっ抗

このページを印刷する

2014年の軍事クーデター後、初めてとなるタイの総選挙で過半数を獲得するグループがなかったことが部分的な結果で示された後、2大政党は3月25日、新政府を形成する上で優勢に立とうと争い始めた。

部分的な結果は、軍部が背後につく「国民国家の力党(Phalang Pracharat Party)」が全国で最も多くの票を獲得したことを示した。しかし、軍事政権によって導入された複雑な新選挙制度の下では、軍部に反対する「タイ貢献党(Pheu Thai Party)」が議会で最も多くの議席を獲得しそうだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み