1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.3

Notre Dame fire fuels yellow vest anger「黄色いベスト」、ノートルダム寄付に反発

このページを印刷する

黄色いベスト運動の抗議者たちは4月20日、パリを行進しながら火をつけ、貧しい人々を無視していると彼らが思う政府に対し、フランスが解決する必要がある問題は火災で崩れたノートルダム大聖堂だけではないというメッセージを理解させようとした。

抗議者たちが身につけているよく見えるベストのように、パリのあちこちにあった小さな火事は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領の政府に対する集合的な懇願のようだった:「私を見てくれ—私も助けが必要だ!」。

今回の抗議活動は、黄色いベスト運動の連続23週目の週末となった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み