1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.28

Israel to name Golan settlement after Trumpイスラエル、新入植地を「トランプ高原」と命名

このページを印刷する

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の内閣は6月16日、イスラエルが支配するゴラン高原にある小さな入植地で集まり、アメリカのドナルド・トランプ大統領にちなんでこの土地を改名すると発表した。

改名は、トランプ大統領がその領土についてイスラエルの主権を認めたことに対する感謝の印だ。イスラエルは、改名された「ラマット・トランプ」(ヘブライ語で「トランプ高原」という意味)が、これを大いに拡大する住民のうねりを促すだろうと期待している。現在Bruchimとして知られているこの入植地は、30年以上の歴史があり、人口は10人だ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み