1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.19

Hong Kong extradition bill ‘is dead,’ says Lam, but unclear if protestors’ demand met逃亡犯条例改正案は「死んだ」:香港行政長官

このページを印刷する

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は7月9日、「逃亡犯条例」を改正しようとする取り組みは死んだと述べたが、抗議する人々が求めたように法案の撤回をするかについては明らかではなかった。

行政長官は「政府の誠意に対する根強い疑念や立法府で審議を再開するのではないかという懸念」があると述べた。現在の議会会期は2020年に終わる。しかし、行政長官は会見でこう述べた。「ここで改めて繰り返して言う。そういう計画はない。法案は死んだ」。

香港は、かつての英国の植民地(香港のこと)が中国に返還された1997年に保障された自由が失われているのではないかと懸念される中、何十万という人々がここ数週間法案に抗議してきた。

7月7日には数万人が、香港と中国本土をつなぐ高速鉄道駅に向かって行進した。彼らは平和的な抗議メッセージを本土の人々に伝えたいと述べた。本土の国営メディアは抗議活動について広く報じておらず、警察との衝突や物的損害に焦点を当ててきた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み