1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.9

Kremlin critic says he may have been poisonedロシア野党指導者、「毒盛られた可能性も」

このページを印刷する

急性アレルギー症状の治療を受けていた病院から7月29日に退院したロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は、ソーシャルメディアで、毒を盛られた可能性があると示唆した。

汚職に反対するこの政治家(ナワリヌイ氏のこと)は7月28日、彼のスポークスウーマンが「顔のひどい腫れと肌の赤み」と呼ぶ症状で、刑務所から病院へ急いで搬送された。

その後、ナワリヌイ氏はソーシャルメディアで、ロシアの職員は刑務所内で彼に毒を盛ろうとするほど愚かなのかと疑問を投げ、「ロシアで権力を持っている人々は本当にかなり愚かな奴らだ」と答えた。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み