1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.16

Trump condemns racism after mass shootings, but ignores own anti-immigrant rhetoricトランプ大統領「人種差別、白人至上主義」を批判

このページを印刷する

ドナルド・トランプ米大統領は8月5日、8月3日から4日の週末にテキサスとオハイオで起きた2つの銃乱射事件で31人が殺害された後、インターネットの監視強化、精神疾患関連の取り組みの見直し、そして死刑をより広く科すことを提案した。

8月3日、銃を持った男がテキサス州エルパソのウォルマートの店舗で22人を殺害した。殺害には人種差別主義者的な動機があったと疑われる21歳の男を逮捕したと警察は述べた。

トランプ大統領は8月5日の演説で、米国人は「人種差別、偏見、白人至上主義を非難」しなければならないと述べた。しかし、同大統領は自身の反移民、人種差別的な発言が人種間の緊張を高める一因だとする非難には直接触れず、広範な銃規制措置を要請することもしなかった。

トランプ大統領は精神疾患を持つ人を特定しやすくするために精神疾患関連の法律を改正し、大量殺人や憎悪犯罪の実行犯には死刑を科すよう求めた。

2つ目の銃撃事件はエルパソの銃撃事件のわずか13時間後に起き、銃を持った別の男がオハイオ州デイトンの中心街で9人を殺害した。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み