1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.27

Global oil prices jump as attack on Saudi processing plant jolts supplyサウジ石油施設攻撃で原油価格急騰

このページを印刷する

世界の原油供給量の5%の生産を停止した9月14日のサウジアラビアへの攻撃は、1991年以来の原油価格の高騰を招いた。米国当局者たちがイランを責め、ドナルド・トランプ大統領が米政府は報復の「臨戦態勢にある」と述べた後のことだ。

イエメンの首都を支配する親イランのフーシ派勢力がドローンを使ったその攻撃の犯行声明を出した。この攻撃は世界最大の原油施設に被害を与えた。イランは関与を否定し、「本格的な戦争」の準備があると述べた。

国営石油会社サウジアラムコの事業について説明を受けた2つの情報筋は、サウジアラビアの石油生産が通常に戻るまで数ヵ月かかる可能性があると述べた。それ以前の見積もりでは数週間かかる可能性があるとされていた。

原油価格は最高で19%上昇した。1日の高騰としては1991年の湾岸戦争以来最大だった。

トランプ大統領が米国の緊急用備蓄を放出すると述べ、世界の産油国が不足分を補うだけの備蓄があると述べた後、価格は落ち着いた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み