1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.27

Ex-PM Cameron ‘sorry’ for Brexit divide英キャメロン元首相、「分断は残念」

このページを印刷する

2016年にイギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)をめぐる国民投票を実施し、その後、国民がEUを離脱することに賛成票を投じるのを目にしたイギリスの元首相は、このことが引き起こした分断を残念に思っていると語った。

デビッド・キャメロン元首相は9月14日に公開されたインタビューで、ブレグジットの国民投票の結果について「毎日毎日」考えると述べた。

「この結果を深く残念に思い、私の進め方が失敗したと認めている」とこの52歳の人(キャメロン元首相のこと)は、イギリスを終わりなき政治危機に招き入れた国民投票の実施について国民への謝罪に最も近いものの中で語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み