1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.12.27

Protests rage across India over citizenship lawインド市民権改定法で抗議活動広がる

このページを印刷する

ヒンドゥー教の国粋主義者の政府が非宗教的な共和国としてのインドの基礎と矛盾する党派の課題を推進していると反対派が述べ、宗教に基づく新しいインド市民権法をめぐる抗議活動が12月16日に大学のキャンパスに広がった。

12月10日に可決した市民権関連改定法は、イスラム教徒が多い隣国のバングラデシュやパキスタン、アフガニスタンで宗教的迫害から逃れるために違法にインドに入国した非イスラム教徒に市民権を与えるものだ。しかし、同法はイスラム教徒を除外している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み