1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.3

Blaze destroys parts of Notre Dame Cathedralノートルダム大聖堂が火災で焼失

このページを印刷する

4月15日に始まった大火災でノートルダム大聖堂の大部分が焼失した。パリのランドマークである尖塔が地に崩れ落ちた。死者は出なかった。

火は15時間燃え続けたが、被害はこの創立850年の建物(ノートルダム大聖堂のこと)の南側に食い止められた。貴重な芸術作品の多くがすでに安全に撤去され、石の壁が火を食い止めるのに役立った。

エマニュエル・マクロン首相は、この教会を再建すると誓っており、その資金を集めるための国際的な募金活動はすでに10億ユーロ(1220億円)以上を集めている。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み