1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.31

Putin submits constitutional reform planプーチン大統領、憲法改正案を議会に提出

このページを印刷する

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、現在の任期が2024年に切れた後にも権力をしっかりと握っておけるようにするための企てと広く見られている憲法改正案一式を議会に提出した。

プーチン大統領はまず、1月15日の教書演説で改正の提案を発表し、その改正案は議会の役割を強め、民主主義を強化することを意図していると主張した。ロシア政府の批判する人々は、プーチン大統領が一生支配できるようにすることを意図していると主張している。

プーチン大統領(67)は20年以上権力を握っている。

 

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み