1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.13

Founder of S Korea church at center of virus outbreak regrets ‘great calamity’新型ウイルスで韓国の宗教団体トップが土下座

このページを印刷する

韓国のコロナウイルスまん延の中心にある教会の創設者は3月2日、謝罪した。教会メンバーの1人に新型ウイルスの陽性反応が確認され、大勢の人が感染した後のことだ。創設者はウイルスまん延を「大惨事」と呼んだ。

韓国は3月2日、新たに599件の感染を報告し、感染者数は4,335人となった。26人が死亡している。

「31人目の患者」として知られる「新天地イエス教会」支部のメンバーは、この数週間で同国の感染拡大の最初だった。ウイルスまん延を引き起こしたと疑われる教会に対して国民は強い怒りを示した。

「私たちは最大限努力したがウイルス拡大を防げなかった」とイ・マニ氏はソウル北東部の加平にある教会施設の外で開かれた会見で述べた。同氏は救世主を自称する教会の創始者・指導者だ。

「非常に感謝しているが、同時に許しを乞いたい」と述べ、伝統的に謙虚さと遺憾の意を示す2度の土下座をした。

韓国政府は病気を食い止めるための協力を拒否した責任を同教会が負うと述べた。

英文記事を見る

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み