1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.3

Croatia hit by quake amid partial lockdownウイルス感染対策の中、クロアチアで地震

このページを印刷する

クロアチアで3月22日に発生した強い地震が、パニックと、病院の避難、首都の象徴的な大聖堂の損傷を含むダメージの拡大を引き起こした—すべて、新型コロナウイルスによる部分的なロックダウン(封鎖)の最中での出来事だ。 

15歳の人1人が重体となっていると報告されており、他16人が負傷したと当局は明らかにした。

ヨーロッパの地震に関する機関「ヨーロッパ地中海地震学センター(EMSC)」は、マグニチュード5.3の地震が午前6時23分に首都ザグレブ北部の広い範囲を襲ったと発表した。

アンドレイ・プレンコビッチ首相は、この地震は過去140年間でザグレブ最大のものだったと述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み