1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.5

Muslims celebrate major holiday amid curfewsコロナ禍でラマダン明け祝う

このページを印刷する

世界中のイスラム教徒は5月24日、ラマダン明けの祝日を祝い始めた。この祝日は普段は、ラマダン(断食月)の終わりを祝う祝日だが、数百万人が厳しい自宅待機命令の下にあり、多くの人々が新型コロナウイルス流行の再発に不安を感じていた。

3日間の祝日は、いつもなら旅行や家族の集い、数週間の断食明けに食べる日中の豪華な食事の時だ。しかし、トルコやイラク、ヨルダンといった国々では、祝日中の24時間の外出禁止令が課されており、今年は世界に18億人いるイスラム教徒の多くが自宅で祈らなければならなかった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み