1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.12

SpaceX makes history, ferrying NASA astronauts to International Space StationスペースXの宇宙船がISS接続に成功、民間初

このページを印刷する

スペースXは5月31日、国際宇宙ステーションに米航空宇宙局の2人の宇宙飛行士を送り届けた。歴史的な打ち上げの後、打ち上げ同様に順調なドッキングはイーロン・マスク氏の会社にとってまた新たな史上初の出来事だった。

必要があればテストパイロットのダグラス・ハーレー氏とロバート・ベンケン氏が手動で制御する準備が整った状態で、スペースXのドラゴンのカプセルは宇宙ステーションの近くに止まり、補助を必要とせず自動でドッキングした。数時間後、ハッチ(入口)が開き、飛行士2人が軌道を周回する研究施設(ISSのこと)に浮きながら入り、ステーションの住人3人と抱擁した。

皆が十分に間隔を空けていたスペースXとNASAの飛行コントロールセンターと違い、軌道上ではソーシャルディスタンスもマスクも不要だった。

「世界中がこのミッションを見ていた。あなたたちがわが国のため、そして世界を元気付けるためにしたこと全てを、私たちは非常に誇りに思う」とNASAのジム・ブライデンスタイン長官はヒューストンの管制センターからの電話で述べた。

20年以上存在する宇宙ステーションに民間が製造・保有する宇宙船が飛行士を運んだのは初めてのことだ。

英文記事を見る

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み