1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.26

Journalist, a critic of Duterte, jailed for libelフィリピン、大統領批判の記者に有罪判決

このページを印刷する

フィリピンの大統領に批判的な受賞歴のあるジャーナリストが名誉毀損で起訴され、アジアのこの国家(フィリピンのこと)で報道の自由に対する大きな打撃と呼ばれる判決で、6月15日に懲役刑を言い渡された。

マニラの裁判所は、マリア・レッサさんと、彼女のオンラインニュースサイト『ラップラー』、元レポーターのレイナルド・サントス・ジュニアさんに、2012年の記事の中で裕福なビジネスマンの名誉を毀損した件で有罪判決を下した。この記事では、そのビジネスマンを殺人、薬物、人身売買と関連付けていた。このニュースサイトの弁護士は、あらゆる悪意に反論し、名誉毀損の訴えを起こす時効期間は経過したと話している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み