1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.5.7

Soviets covered up danger at Chernobyl: archivesチェルノブイリ事故から35年で公文書公開

このページを印刷する

ウクライナの当局は4月26日にチェルノブイリの原子力発電所の事故から35年を迎えるにあたって文書を発表し、ソビエト連邦がチェルノブイリの原子力発電所が危険であったことを知っていて、1986年の事故以前からそこでの緊急事態を隠蔽していたことを明らかにした。

記録では、当時のウクライナ・ソビエト社会主義共和国だった場所に位置したこの原子力発電所で1982年に放射線の放出があったが、当時のソ連の情報機関・国家保安委員会(KGB)の報告書が「パニックや扇動を起こすうわさを阻止するため」の措置と呼んだものを使って隠蔽されたことが示されていると、ウクライナ保安庁は4月26日に発表文書の中で述べた。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

第3回Change Maker Awards入賞者決定!2月28日開催のイベントレポート。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み