1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.5.28

Israel-Gaza conflict rages on despite US and regional diplomacyイスラエルとガザ地区で激しい空爆続く

このページを印刷する

イスラエルは5月17日、パレスチナ自治区ガザを空爆で猛撃し、パレスチナの過激派はイスラエルの都市に向けてロケット弾を発射した。米国と地域の外交努力は続いていたものの、1週間以上にわたる死闘を止めることはできなかった。

イスラエルのガザへのミサイル攻撃で、過激派組織「イスラム聖戦」の最高司令官が死亡、7階建てのオフィスビルに爆弾穴が残った。このビルはガザを実効支配するイスラム教組織ハマスが使用していたと、イスラエル軍は主張した。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は軍幹部との会談後、「テロリストを標的にした攻撃を続けるよう命令した」と述べた。

ハマスの軍事部門は、報復としてさらなるロケット弾の発射を誓った。「われわれは敵に対し、直ちに(爆撃を)停止しないならばテルアビブへのロケット攻撃を再開する(と警告した)」と報道担当者は述べた。

ホワイトハウスの声明によると、ジョー・バイデン米大統領は5月17日、ネタニヤフ首相との電話協議で、戦闘の停戦を支持することを表明した。

ハマスは、数週間の緊張状態を経て、5月10日にロケット攻撃を開始した。

英文記事を見る

Global Education Special 2021

進化するグローバル教育を取り上げたスペシャル企画。安河内哲也氏スペシャルインタビューの他、最新の大学や留学プログラムの活動などを特集。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み