1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.7.16

Pope alert and well after intestinal surgeryローマ教皇、結腸手術成功

このページを印刷する

バチカンは7月5日、ローマ教皇が結腸の半分の摘出を伴う3時間の手術を受けた後、ローマ教皇は「全体的に良好な状態で、目が覚めて」おり、自発呼吸していると発表した。

ローマ教皇フランシスコ(84)は、ローマ教皇専用の特別室のあるローマのジェメッリ総合病院に約7日間入院すると見込まれ、合併症はないと思われると、バチカンの広報担当官マッテオ・ブルーニ氏は述べた。
 
ローマ教皇の次の定例公務は7月11日の日曜日だった―日曜日は通例、ローマ教皇が窓からサンピエトロ広場を眺めて姿を見せる曜日だ。

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

70th 記念特設サイト スペシャル

iPad、Nintendo Switchが貰えるコンテストに参加しよう!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み