1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.11.12

COP26 climate talks: Over 100 global leaders pledge to end deforestation by 2030COP26、2030年までの森林破壊終了を約束

このページを印刷する

世界の100人以上の首脳らは11月1日遅く、森林の保護と回復のために官民で190億ドル(2兆1,600億円)を投資して10年後(2030年)までに森林破壊と土地の劣化を食い止め、回復させることを誓約した。

この共同声明は10月31日にグラスゴーで開催した国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で発表されたもので、ブラジル、インドネシア、コンゴ民主共和国をはじめとする各国の首脳の賛同を得た。これらの国を合わせると、世界の森林の85%を占めている。

各国首脳を代表して英国首相府が発表した声明によると、「森林と土地利用に関するグラスゴー首脳宣言」は、計約3,400万平方キロメートル以上の森林を対象としている。

ボリス・ジョンソン英首相は、「自然の征服者としての人類の長い歴史を終わらせ、管理者となる機会だ」と述べ、画期的な合意だとしている。

この国連気候変動サミットは11月13日まで開催される予定だ。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み