1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.2.4

New space telescope reaches final stopジェイムズ・ウェッブ望遠鏡が観測地点に到着

このページを印刷する

宇宙の初期段階における誕生直後の銀河を世界に初めて垣間見せるために設計されたアメリカ航空宇宙局(NASA)のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が、地球から100万マイル(150万キロ)近く離れた、太陽を周回する軌道の重力的に安定した観測地点へと1月24日に到着した。

搭載されたロケットが進路を修正する最後の5分の動きで、ウェッブ望遠鏡は目的地の「太陽・地球系の第2ラグランジュ点(L2)」として知られる重力平衡点の位置にたどり着き、打ち上げから1ヵ月後に到着したと、NASAの職員らは述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み