1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.2.18

Beijing Games open with Uyghur skier lighting cauldron at ceremony北京五輪開会式、聖火点火者の1人はウイグル族

このページを印刷する

北京冬季五輪は2月4日、「鳥の巣」と呼ばれる競技場での雪と氷をテーマにした式典で幕を開け、式典は2人の若い中国人オリンピック選手(うち1人は少数民族ウイグル族の一員)が聖火台に点灯して終わった。

極寒の夜に中国の首都で行なわれた演出のなかで習近平国家主席は五輪開幕を宣言したが、その準備は新型コロナウイルスのまん延と中国の人権問題への批判に悩まされた。

新疆ウイグル自治区出身であるクロスカントリースキーのジニゲル・イラムジャン選手(20)はノルディック複合で出場する趙嘉文選手(21)と共に聖火台に点灯、ここ数十年の中国のオリンピック選手らが最終ランナーとなった聖火リレーを締めくくった。

ジニゲル選手の参加がひときわ目を引いたのは、中国政府によるイスラム系少数民族ウイグル族への対応(米政府は大量虐殺とみなしている)が米国を含む西側諸国数ヵ国の外交ボイコットの引き金となったためだ。

中国は人権侵害の疑いを否定しており、式典で一体化の精神を伝えようとした。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み