1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2022.3.11

Ukraine calls for no-fly zone to stop Russian bombardment as 1st talks failウクライナ侵攻めぐる停戦交渉難航

このページを印刷する

ロシア政府がウクライナ第2の都市を砲撃し、米国とその同盟国から新たな制裁を招いたことを受けてウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は2月28日、欧米に対してウクライナ上空でのロシア機飛行禁止区域設定を検討するよう要請した。

ロシアはウクライナ侵攻により国際的な孤立を深めており、2月28日に行なわれた数時間にわたる両国の交渉では、停戦のための打開策を見出すことができなかった。

ウクライナ当局は、人口140万人の都市ハリコフに対するロシアの攻撃で子どもを含む民間人が死亡したと発表した。ゼレンスキー大統領はビデオ演説で、ロシアのミサイル、航空機、ヘリコプターをウクライナ領空から締め出す時が来たと述べた。

「公平な交渉は、交渉の瞬間に一方がもう一方にロケット砲を打ち込まないことだ」と大統領は語った。

米国はロシアと戦うための軍隊の派遣を否定しており、当局者は世界の2大核保有国間の緊張がさらに激化することに懸念を表明している。ロシアの侵攻は、欧州の国家に対する第二次世界大戦以来最大規模の侵攻である。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み