1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2023.3.24

ICC expected to launch war crimes cases against Russians over Ukraine国際刑事裁判所、ロシア人数人の逮捕状請求へ

このページを印刷する

国際刑事裁判所は、ウクライナからの子どもの連れ去りや民間インフラを標的とした攻撃に対してロシア当局者の逮捕を求める見込みだと、関係筋が3月13日に述べた。ロシア政府による侵攻に起因する初の国際戦争犯罪事件となるだろう。

関係筋によると、逮捕状にはジェノサイド(集団殺害)の罪が含まれる可能性があり、ハーグにある裁判所の予審判事によって検察官の要請が承認されれば「短期間」での発行が予想される。検察官がどのロシア政府関係者に対して逮捕状を請求するかは不明だった。

ロシア政府が自国の高官に対する逮捕状を拒否することは間違いないだろう。しかし、国際的な戦争犯罪の訴追はロシア政府の外交的孤立を深め、訴えられた人々の海外渡航を難しくするかもしれない。

ロシア議会上院のコンスタンチン・コサチョフ副議長は、ロシア政府は2016年にICCから離脱したため、ICCに管轄権はないと語った。「ICCは欧米の管理下にある新植民地主義の道具だ」と彼は述べた。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み