Club Alpha

どなたでも会員登録なしでClub Alphaを利用できるキャンペーン実施中

  1. Club Alpha Top
  2. Lecture01
  3. 第8回 副詞句の拡大現象

第8回 副詞句の拡大現象

※第8回にて年内の連載は最終とし、第9回は年明け1月11日に公開となります。

 

第8回のメインテーマは、「副詞句の拡大現象」です。(記事の後半で詳述します)
今回取り上げるのは、2018年12/21号の一面記事「Teen figure skater Rika Kihira wins Grand Prix Final(紀平梨花、フィギュアスケートGP ファイナル優勝)」の第1段落です。

先に日⇒英で意味理解

私のリーディング指導では、先に和訳を読んで意味を理解することによって、英文を読む負担を減らす方法を取り入れています。このコーナーでも、その方法に従って、まずは取り上げる英文の和訳を読むところから始めます。

1.和訳を読む

16歳の紀平梨花選手は12月8日のフィギュアスケートGPファイナルの女子種目で金メダルを獲得した。日本の選手がデビューシーズンにこの大会(GPファイナル)で優勝したのは2005年の浅田真央選手以来初めてとなる。

 

2.次に英文を読む

Sixteen-year-old Rika Kihira claimed gold in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8, becoming the first Japanese skater since Mao Asada in 2005 to win the competition in her debut season.

 

スラッシュリーディングで英語の順番通りに意味を捉える

今度は、スラッシュ単位のカタマリごとに、英語の意味を確認していきます。

Sixteen-year-old Rika Kihira 16歳の紀平梨花選手は
claimed gold 金メダルを獲得した
in the women’s event 女子種目で
at the figure skating Grand Prix Final フィギュアスケートGPファイナルの
on December 8, 12月8日の
becoming the first Japanese skater そして、初めての日本人スケーターになった
since Mao Asada in 2005  2005年の浅田真央選手以来
to win the competition in her debut season. デビューシーズンにこの大会(GPファイナル)で優勝した

 

文型と品詞を捉える

英文を正確に理解するためには、「主語」 (S=Subject)、「動詞」 (V=Verb)、「目的語」 (O=Object)、「補語」(C=Complement)のような要素から成る文型を意識して、骨組みを捉えながら読むことが大切です。
また、骨組みの飾りとなる、形容詞や副詞のような「修飾語句」(M=Modifier)が何にかかるかを正確に理解することも重要です。

Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O)in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8, becoming the first Japanese skater since Mao Asada in 2005 to win the competition in her debut season.

グレー=名詞(名詞句/名詞節も含む) 、下線=形容詞(形容詞句/形容詞節も含む) 、
< >=副詞(副詞句/副詞節も含む)

まずは、文の骨格である、「主語」(S)と「動詞」(V)をしっかり認識しましょう。このセンテンスの主語はSixteen-year-old Rika Kihiraで、動詞はclaimedです。さらに、goldが動詞の目的語となり、Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O) 「16歳の紀平梨花選手は、金メダルを獲得した」と、大まかにSVOの第3文型になっています。

 

主語にかかる形容詞を確認

便宜上、Sixteen-year-old Rika Kihiraを主語として捉えていますが、厳密には、Sixteen-year-oldは形容詞で、Rika Kihiraという名詞(固有名詞)を修飾しています。

Sixteen-year-old Rika Kihira
16歳の紀平梨花選手


ここで、yearが単数形になっているのはなぜでしょうか?

通常、「16歳」を英語で言うと、sixteen years oldのように、yearを複数形のyearsにします。
例えば、「紀平梨花選手は16歳だ」は、Rika Kihira is sixteen years old.と表現します。

しかし、sixteen years oldという情報を名詞にかけたい場合には、3つの単語をハイフン(-)で繋げて、単位を表す名詞のyearsを単数形にすることで、形容詞に変化させることができます。

six-year-old「16歳の」(形容詞)

同じような例を以下にいくつか挙げますので、パターンをつかんでみてください。
 

「3歳児」      a three-year-old child
「10ドル札」 a ten-dollar bill
「90分授業」 a 90-minute class


それぞれ、形容詞化している単語がハイフンで繋がれていて、単位を表す名詞が、year、dollar、minuteと単数形になっているのがポイントです。

 

「金メダル」の表現方法

Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O)

「16歳の紀平梨花選手は、金メダルを獲得した」


今回のセンテンスでは、「金メダルを獲得した」がclaimed goldと表現されていますが、他にどのような言い方が可能なのか見ていきます。

普通、「金メダル」はgold medalと言うこともできますが、その場合、冠詞はaでしょうか? それともtheでしょうか?

金メダルは何個もあるので、a gold medalでもよさそうに思えますが、この例では、in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on Dec. 8「12月8日のフィギュアスケートGPファイナルの女子種目で」という情報が続くので、the gold medalの方が適切です。というのも、この特定の競技で獲得できる金メダルは一つしかないからです。

claimed gold=claimed the gold medal

本文では、the gold medalと3単語も使う代わりに、goldの1単語だけで端的に表現しています。

リード(lead)と呼ばれる、ニュース記事の最初の段落では、簡潔に要点を伝えるようにするために、使う単語の数をなるべく最小限にするようにしています。そのため、3単語のthe gold medalではなく、1単語のgoldの方が好ましいというわけです。

 

「獲得する」にclaimを使ったワケ

今回の例文では、「獲得する」という意味でclaimが使われていますが、他にどんな動詞で代用することができるでしょうか?

実は、claimよりも、winの方がより一般的で、won goldと表現しても自然です。

では、なぜwon goldと言う代わりに、claimed goldとしているのでしょうか?

それは、「同じセンテンス中では、同じ単語は極力使わない」というルールがあるからです。

Sixteen-year-old Rika Kihira claimed (✖ won) gold in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8, becoming the first Japanese skater since Mao Asada in 2005 to win the competition in her debut season.


後半のwin the competition「この大会で優勝した」という箇所でwinが使われているため、前半ではwon goldとせずに、claimed goldが採用されています。claimedを使っていることにも、ちゃんとした理由があることが分かります。

このように、「ネイティブのプロのライターは、単語の選択において、なるべく重複を避けるようにしている」ということを覚えておくとよいでしょう。

これは、同じセンテンス中だけでなく、同じ段落やパッセージ全体においても言えることです。

 

副詞句の拡大現象

Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O)in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8,


今回の記事のメインテーマ「副詞句の拡大現象」について詳述していきます。
in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8という副詞句は、「12月8日のフィギュアスケートGPファイナルの女子種目で」という意味になりますが、副詞句内の名詞に情報が付加されて、どんどん膨らんでいることに注目してみてください。

まず、in the women’s event「女子種目では」だけではよく分からないので、「何の女子種目なのか」を明示するために、at the figure skating Grand Prix Finalという情報が後ろからかかり、「フィギュアスケートGPファイナルの女子種目で」となっています。

さて、at the figure skating Grand Prix Finalという句は、どんな働きをする品詞になっているでしょうか?

「副詞句」でしょうか? それとも「形容詞句」でしょうか?

ここでは、直前のin the women’s eventという副詞句の中にある、the women’s eventという名詞を修飾している「形容詞句」として機能していると考えます。

in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final
フィギュアスケートGPファイナルの女子種目

 

Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O)in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8,
 

では、さらに、on December 8という句は、何にかかっているのでしょうか?

時を表す副詞は、動詞を修飾することが多いので、「12月8日の」という情報は、副詞として、「金メダルを獲得した」という動詞の部分にかかると考える方もいるかもしれません。

しかし、ここでは、on December 8という句は、直前のat the figure skating Grand Prix Final「フィギュアスケートGPファイナルの」という形容詞句の中にある、the figure skating Grand Prix Finalという名詞を形容詞句として修飾しています。

at the figure skating Grand Prix Final on December 8
12月8日のフィギュアスケートGPファイナル


一つ前の例で、at the figure skating Grand Prix Finalという形容詞句が、直前のin the women’s eventの中のthe women’s eventという名詞にかかっていたのと、原理は同じです。

in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final
フィギュアスケートGPファイナルの女子種目

 

また、「12月8日の」とする代わりに、「12月8日に開催された」(that was) held on December 8のように、表現することも可能です。

at the figure skating Grand Prix Final on December 8
=at the figure skating Grand Prix Final (that was) held on December 8 (that wasは省略可)


このように、最初の副詞句(ここではin the women’s event)の後ろに、形容詞句が連続して修飾して、拡大していくことを「副詞句の拡大現象」と呼んでいます。

最後にこれらの修飾関係をまとめるとどうなるか見ていきましょう。

in the women’s event / at the figure skating Grand Prix Final / on December 8
女子種目で / フィギュアスケートGPファイナル / 12月8日の (英語の語順どおりの訳)
12月8日の / フィギュアスケートGPファイナル / 女子種目で (日本語の語順にした訳)
(分かり易くするために、on December 8 の下線は点線にしています)


実際には、これらの3つの句が結合して、「大きな副詞句」になっていると捉えて、読んでいきます。
このような「副詞句の拡大現象」はとても頻繁に起こりますので、意識しておくとよいでしょう。

Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O)(主節)
in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8,(副詞句)
16歳の紀平梨花選手は、金メダルを獲得した
12月8日のフィギュアスケートGPファイナルの女子種目で
 
今回は、センテンスの前半部分をじっくり見てきましたが、次回は、後半部分について詳しく解説していきます。
 

前半部分
Sixteen-year-old Rika Kihira (S) claimed(V) gold(O) <in the women’s event at the figure skating Grand Prix Final on December 8


後半部分
becoming the first Japanese skater since Mao Asada in 2005 to win the competition in her debut season.

英文読解の基礎
一覧へ戻る