Club Alpha

Club Alphaのご利用には購読者専用のログインが必要になりました。詳しくはこちら

  1. Club Alpha Top
  2. Lecture03
  3. 第36回【2020.12.18 issue】Capsule with asteroid samples arrives in Japan for research

第36回【2020.12.18 issue】Capsule with asteroid samples arrives in Japan for research

うちの下の娘(2歳)は、お姉ちゃんがアイスクリームを食べているのを見ると、自分も欲しがります。「まだ小さいからだめだよ」と伝えると、「まだ大きいもん!」と反論するのですが、お気づきの通り「まだ」の使い方がおかしいですよね。でも、英語学習者もstillやalready/yetの使い方を間違えることがあるので、こういうミスは言語習得の過程で欠かせないな、と改めて思いました。ちなみに「大きいもん!」と言う時は、たいてい両手を上に伸ばして少しでも体を大きく見せるアピールをしてくるのが、何ともかわいいなと感じてしまいます。

さて、今週の1面は、探査機「はやぶさ2」が小惑星からサンプルを持ち帰ったという記事です。

(The 1st paragraph)
A small capsule containing asteroid soil samples that was dropped from space by Japan’s Hayabusa2 spacecraft and landed in the Australian Outback arrived Dec. 7 in Tokyo for research into the origin of the solar system and life on Earth.

主語のA small capsuleにcontaining asteroid soil samples(小惑星の土壌サンプルを含んでいる)というing形の修飾要素が続いています。これに加えて、small capsuleを修飾するthat was dropped … and landed …という関係代名詞も後ろに続いています。こうした、主語の後ろにたくさんの修飾要素がつながった文を読むのは、慣れないうちは大変です。というのも、A small capsuleという主語に対応する動詞(この場合はarrived)がなかなか出てこないからです。ここで大事なのは「我慢」。こちらの図をご覧ください。

まずは、赤で書いた〈主語+動詞〉という基本的な骨組みを捉えることが最も大切。その際に長い修飾語があって、動詞がなかなか見えてこないことがよくありますが、ここはじっくり我慢しながら読むことが必要です。お薦めしたいのは、頭のどこかに「主語ポケット」を作ること。主語が見えたら、一度このポケットに入れる。その後、長い修飾語の部分を読みながらも、ポケットに入れた主語を頭の片隅にキープし続ける。そして、動詞が見えた時点で、ポケットの中の主語と合わせて骨組みを捉えるという読み方です。いきなりこう言われても、すぐに実践するのは難しいと思いますが、この「頭の片隅に主語をキープしながら読む」という感覚が掴めてくると、修飾語が長くても我慢して読み進められるようになるし、文の構造を捉える力も飛躍的に伸びていきますよ。少しずつ練習していきましょう。

このコンテンツは購読者会員限定です。

  • 定期購読すると全てのコンテンツが
    ご利用になれます。

    定期購読申込み
  • 定期購読している方、
    メルマガ会員の方はこちら

    ログイン

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる