1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2023.5.19

China approves safety of gene-edited soybean, the country’s first such crop中国、食糧生産の増加に向け 遺伝子編集作物を初の承認へ

このページを印刷する

中国は遺伝子編集大豆を安全なものとして承認した。作物における遺伝子編集技術の承認は中国で初めてである。中国は食糧生産を増やすことを期待している。

その大豆は、民間企業Shandong Shunfengバイオテクノロジーによって開発された。その大豆には2つの改変された遺伝子がある。その改変は大豆において健康的な脂肪酸であるオレイン酸濃度を高める。

4月下旬に農業農村部が公開した文書によると、安全証明書は4月21日から5年間認められるという。

遺伝子組み換えは、ある植物に外部の遺伝子を導入するが、遺伝子編集は既存の遺伝子を改変する。

この技術は遺伝子組換え作物(GMO)よりもリスクが低いと考えられている。遺伝子編集は、中国などの一部の国々ではより緩やかに規制されている。

英文記事を見る

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み