1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2023.5.19

How to think about AIAI をどうとらえるか

このページを印刷する

今では、皆さんはAIのことをきっと聞いたことがあるだろう…私が話しているのは、福原愛さんのことでも、宮里藍さんのことでも、大塚愛さんのことでもない。私は人工知能のことを話している―特に、世界中に拡大している最新技術、生成AIモデルのことだ。それは、他ならぬビル・ゲイツによって、コンピューター、携帯電話、インターネットと同じくらい革命的と表現されている。

しかし、あらゆる主要な新発明と同じように、恐怖の波が訪れる。これが仕事を奪ったらどうしよう? AIは人間に取って代わるだろうか? AIは最終的に私たちが知るような人間らしさを破壊することができるのでは?

その話に行く前に、まずはAIとは何か、この分野における最新かつ最高の開発はなぜ世界中の多くの人々を興奮させると同時に緊張させるのだろうかということについての基本を理解しよう。

人工知能はしばらく前から存在する。スマートフォンで写真を撮ったり、スパムメールを受信したり、あるいはあなたのために選ばれたものをYouTubeで見たりするときはいつでも背後でAIが機能している。

私たちのほとんどは、オープンAIと呼ばれる会社が主力製品「チャットジーピーティー」を一般公開した昨年11月までこのことにあまり気付いていなかった。わずか4ヵ月以内に、このウェブサイトには1億人以上の登録があり、瞬く間に世界の注目を集めた。

少しだけ指示を出すことで、あなたはチャットジーピーティーに文書を書かせたり、詩まで書かせることができる。世界中の開発者たちが、チャットジーピーティーにさまざまなタスクを行なわせるための拡張機能を先を争って作ろうとしている―インターネットにとってのウェブサイト、あるいはスマートフォンにとってのアプリだと捉えてみよう。強化されたグーグルのようなものだ! 生成AIモデルの中には、本物そっくりの人間の声と画像を作り出すことができるものさえある。

この技術の力は、生徒や学生がチャットジーピーティーに課題を書かせるのではないかと学校の教員や教授を心配させている―すでにこれをやっている人たちもいる。弁護士、アシスタント、顧客サービス担当者など、その他多くの人々が、自分たちの仕事が不必要なものになるのではないかと懸念している。イーロン・マスクですら、AIロボットが世界を乗っ取ることを恐れている。

これはそれほど危険なのか? そうかもしれない。

私たちはそれを受け入れるべきだろうか? 私たちには選択の余地がない。歴史は私たちに、変化は避けられないものと教えてきたが、私たちにはのるかそるかの選択はある。

生成AIに何ができるのかについて、詳しく掘り下げるスペースはここには十分にないが、私のアドバイスは、これについてできる限り多く学び始めることだろう。これがあなたをどんなふうに助けることができるかを学び、あなたの子どもたちにもこれをよく分かるようにしておこう。知識は無知よりも優れている。

私は告白しなければならないことがある…この記事は実はチャットジーピーティーによって書かれた。

または、そうだったのだろうか?

英文記事を見る

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み