1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2024.5.17

A wild orangutan used a medicinal plant to treat a wound, scientists say薬草でけがを治療するオランウータン インドネシアで観察される

このページを印刷する

インドネシアのオランウータンは熱帯植物の薬で傷を治療したようだったと、科学者たちが5月2日に発表した。これは、一部の動物たちが自分たちを治療するための薬をどのように使うかを示す最新の事例だ。

『サイエンティフィック・リポーツ』誌に掲載された研究によると、ラクースという名前のオランウータンは、薬草の葉をかみ砕いたという。それからラクースは自分の指を使って、右のほほにある傷にその薬草の汁を塗った。最後に、ラクースは傷を覆うために、かみ砕いた薬草を傷の上に押し付けた。

写真は、そのオランウータンの口の中の傷がひと月以内に何の問題もなく塞がったのを示した。

科学者たちはこれまで、一部の大型類人猿が自分たちを癒やすために森の中で薬を集めるところを見てきた。しかし、動物が自分自身をこのように治療するところを科学者たちが見たのはこれが初めてだ。

その行動は、この研究論文の共同執筆者で、インドネシアのメダンでのスアク・プロジェクトのフィールド研究員であるUli Azhari氏によって、2022年に記録された。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み