1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2023.10.13

It’s Rugby World Cup timeラグビーW 杯シーズン

このページを印刷する

もしかしたら、あなたは気付いていなかったかもしれないし、スポーツに興味がなく、世の中の動きを知らないかもしれないが、ラグビー・ワールドカップの季節だ!

日本でかなりの時間を過ごした南アフリカ人として、2019年のラグビー・ワールドカップの記憶に感銘を受けている。そのワールドカップでの個人的な名場面は、アイルランドに勝ち、準々決勝に進出した日本の劇的なパフォーマンスと、南アフリカ共和国代表がトロフィーを獲得したことだった。しかし、フィールド外で最も際立ったのは―そして、記憶に長く残っているのは―トーナメントを主催した日本の人々の素晴らしいホスピタリティだった。

日本はいつも人気の旅行先だが、2019年のラグビー・ワールドカップ以降、私が話した全ての人が行きたい国リストの1位に日本を挙げている。私たちは食べ物、美しい建築物、安全性や清潔さについて話すことができるが、この国の最大の財産は人々だ。2019年のワールドカップを支える情熱と献身は比類のないものだった。

トーナメントの前に、各国の代表チームは日本各地のそれぞれのトレーニングキャンプ地に散らばった。これは、どのワールドカップにおいても恒例のことだが、日本で違っていたのは、各地域がそこでトレーニングを行なう特定の国の代表チームを「受け入れて」いたことだった。日本のファンたちは、その国のユニフォームを買い、トレーニングセッションを見に行き、自分の国のチームかのように彼らを応援した。

南アフリカは日本での成功についてのラグビー・ワールドカップのドキュメンタリーを公開し、その作品の大部分を日本の人々との交流がいかに特別であったかに割いた。それは、ワールドカップの南アフリカの成功の要の1つだったと私は思う―南アフリカ代表チームは日本の人々が温かく迎え入れてくれて支えてくれたことで、心が休まったのだ。

政治的な線引き、イデオロギー上の線引きで世界がますます分断していくなかで、スポーツが障壁を越え、異なる文化を1つにすることができるのを知ることは心が温まる。選手たち、ファンたち、コメンテーター、スポンサーはしばしば、試合の結果にこだわるが、このような世界的なスポーツイベントの真の目的を覚えておくことは重要だ―それらは国際的な祭典であり、共通の関心を共有することである。

私はまた、日本と韓国が開催した2002年の素晴らしいFIFAワールドカップのことを鮮明に覚えている。ジャパンタイムズのスポーツライターをしていて、この大会について書くために日本中を旅した。日本のファンの情熱を目の当たりにし、忘れることのない記憶になった。新型コロナウイルスのパンデミックで2020年のオリンピックが損なわれたのは悲劇だった。

今年のラグビー・ワールドカップはフランスで開かれている。フランスの人々は本当に、2019年に日本が設定した高い基準に到達するために、レベルを上げなければならないだろう。

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み