1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2024.4.26

Getting older年を取ること

このページを印刷する

私は最近35歳になってから初めての年に一度の健康診断を受けて、年を取ると検査がかなり徹底したものになるのを見て、興味深く思った。

今年は、医療スタッフがフルの超音波検査をしてくれ、私は同僚の一人が「バリウムの朝食」と呼んでいたものも初めて経験した。おいしい(ここでは皮肉で逆の意味)。

しかし、もちろん、このことは完全に理にかなっていて、年を取るにつれてもっと健康のことを真剣に考えるべきだということを思い出させる良い機会だ。

20代の頃の飲食の習慣があまりにも不健康過ぎたとは言わないが、自分が食べたり、飲んだりするものについてあまりしっかりと注意を払ってこなかったことには確かに罪悪感を感じていた。基本的に、もし、自分がダブルチーズバーガーが食べたかったら、ダブルチーズバーガーを買って、それについてあまり考えなかった。

野菜がたっぷりのバランスの取れた食事を必ず取るようにすることにもあまりしっかりとは集中しておらず、ジャンクフード―特にポテトチップス―が強力な弱みだったことも事実だ。

今は、自分が食べるものにもっと意識的になっている。ジャンクフードを食べるとき、食べ過ぎないようにしようとするか、あるいは、私の体がとてもはっきりと、自分はもう25歳ではないのだと知らせてくれる。

もう一つの私が気付いていることは、姿勢と関係がある。

私の会社が新型コロナウイルスのパンデミックの始まりの時期にテレワーキングに移行したとき、イケアで買った安いダイニングセットがホームオフィスになった。多くの人々のように、この新しい措置は一時的なもので、せいぜい数週間でオフィスに戻れると考えていた。そのため、この硬いダイニングチェアは、気にならなかった。

しかし、もちろん、数週間が数ヵ月になり、その数ヵ月はやがて数年になった。

すぐに私は、腰痛になり始め、頭痛がするようになった―ダイニングチェアは適していなかった。ある時点で、私はダイニングチェアを古いデスクチェアにアップグレードして、私の強情な部分はそれで十分だと考えた。

テレワークがパンデミックの後も続きそうだということが明白になったとき、私の妻はいい加減にすべきだと決心した:私がもっと真剣に自分の健康のことを考えるべきときだと。

そこで、私の誕生日プレゼントに、妻はヨドバシカメラへ私を連れて行って、仕事時間中の快適さを最大限にするためにゲーミングチェアを買ってくれた。

これは約1年半前のことで、今まで私がしてきた買い物の中で最高の買い物の1つだったと言わざるをえない。腰は今ではかなり快適で、心地よい座席があるので仕事中にもっとリラックスしていられる。

本当に、年を取るにつれて、健康は当たり前のこととみなされることのできるものではないということを実感する。

それでも、ときどきのポテトチップスはそれほど悪いものにはならないのではないだろうか?そうでしょう?

英文記事を見る

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み