1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2024.2.16

Pigeon suspected as Chinese spy released中国スパイに疑われ拘束のハト、解放

このページを印刷する

インドの警察は、中国のスパイだと疑われたハトが潔白だと判断し、8ヵ月間の拘束後に1月30日に野生に返したと、通信社のプレス・トラスト・オブ・インディアが報道した。

このハトの苦しい体験は、中国語のように見える文字が書かれた2つのリングが足に結び付けられた状態で、ムンバイの港付近で捕獲された昨年5月に始まった。警察はこのハトがスパイ行為に関わっていると疑い、このハトを拘束して、ムンバイのバイ・サカルバイ・ディンショー・プチ動物病院へ移送した。

最終的に、このハトは台湾から逃げて、インドへ向かった海上レースの競技バトだったということが判明した。警察の許可で、このハトは「動物虐待防止ボンベイ・ソサエティ」へ移送され、この協会の医師が1月30日にこのハトを野生に返した。

ムンバイの警察にコメントを求めようとしたが連絡が付かなかった。

インドで鳥が警察に疑われたのは今回が初めてではない。

2020年にインドが実効支配するカシミール地方で警察は、パキスタンの漁師の飼っているハトを釈放したことがある。捜査の結果、核保有の両国(インドとパキスタンのこと)の間にある重武装された国境を飛び越えてきたこの鳥がスパイではなかったということが判明した。

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み